Top >  カルジェルのケア >  ネイルのお手入れ・ネイルベット

スポンサードリンク

ネイルのお手入れ・ネイルベット

ネイルアートや手を美しく見せるために、重要なお手入れポイントはネイルベットとよばれるところです。

ネイルベットとは、爪床(そうしょう)ともよばれている、爪が出来る根元です。

入浴後が、お手入れの時間として最適です。
お風呂上りは、ルーススキン(甘皮の下のキューティクル部分から生えてくる薄い皮のこと)やキューティクル(爪の根元にある薄い皮のこと)が柔らかくなっているので
傷をつけずにお手入れしやすいのです。

お手入れの方法としては、キューティクルを綿棒を軽く濡らすかオイル・クリームを使用して軽く押し上げます。
この場合の注意としては、力を入れすぎない、無理にしない、です。
力の入れすぎは炎症を起こす場合がありますし、無理すると傷つけてしまいます。
ポイントは、「優しく」ケアするということです。。

ネイルベットが長く見えると、指も長く見えて手がきれいに見える効果が期待できます。
ネイルベットのケアは、簡単に出来て手もきれいに見せられますからお勧めです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ネイルのケア以外に‥  |  トップページ  |  次の記事 ネイルアートと爪の健康  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。