Top >  カルジェルの違い >  カルジェルと、スカルプの違い

スポンサードリンク

カルジェルと、スカルプの違い

カルジェルのほかに、スカルプがあります。
スカルプとは「スカルプチュア」の略で簡単に言うと人口爪といえるでしょう。スカルプは、アクリルパウダーとリキッドで整形します。感覚的にいうと、自分爪の形に合ったオリジナルのつけ爪を作るような感覚でしょう。
スカルプの特徴は、カルジェルに比べ抜群の強度があり、リフティングがとてもしやすく長さが出せます。(体質により、スカルプよりもジェルネイルの方がリフティングしやすい場合もあります。)
スカルプのパウダーには、クリアやラメなど種類がたくさんあり、派手なデコレーションがご希望ならば、断然スカルプをお勧めします。
スカルプをオフするときは、溶剤で柔らかくします。また、スカルプは自分では取り外せないため、取り外すのにもネイルサロンに行く必要があります
そして、何度もスカルプをつけたり外したりすると、自爪が痛むという問題があるため、
リペアすることをお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カルジェルとバイオジェルの違いとは?2  |  トップページ  |  次の記事 カルジェルとジェルネイルとの違い  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。