Top >  カルジェルの違い >  カルジェルとジェルネイルとの違い

スポンサードリンク

カルジェルとジェルネイルとの違い

カルジェルと比べジェルネイルは、スカルプと同じように長さを出す方法に適しています。
ジェルネイルの特徴としては、高い透明感があって美しいツヤがありますが、厚みがかなりになります。
ジェルネイルは、つけた後2週間ぐらいたつと、爪の付け根に当たる部分が浮いてきます。そのため、こまめにサロンでメンテナンスすることが大事です。
また、ジェルネイルをはずす時には、削り落とすことになります。そのため、地爪の痛みがあります。爪へのダメージも避けられません。

その点カルジェルは、厚みがありません。そのため、マニキュア感覚のネイルといえるでしょう。
カルジェルは素材が柔軟なため、長さはだせず、アートも限られます。しかし、厚みがないので根元がのびても目立ちません。ですので、一週間に一度の自宅でケアするだけで1ヵ月くらいは持続します。

またカルジェルなら、爪へのダメージが少ないためネイルを長く楽しめます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カルジェルと、スカルプの違い  |  トップページ  |  次の記事 カルジェルは爪にもやさしい1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。