Top >  ネイルについて >  爪で分かる病気は…1

スポンサードリンク

爪で分かる病気は…1

爪の表面が白く濁っていると、内臓疾患を疑われるそうです。

爪の表面が黄白色だと、リンパ系のトラブルはたまた内臓疾患。
そして爪甲剥離症だと、細菌による感染症や爪の圧迫や内臓疾患などで
ネイルプレート(爪の主な部分)がはがれた疑いがあるといわれています。

爪の表面が青紫色だと、肺や先天的な疾患の可能性があって、
黒っぽい紫色だとチアノーゼの可能性を疑うそうです。

爪の表面が青白くなると、貧血のばあいがあります。

爪の表面が赤色の場合。多血症の可能性があって、
脳血栓や心筋梗塞につながる可能性があり。
また表面が赤色だと、肉芽腫などの皮膚疾患やネイルプレートの下の
出血も疑わねばなりません。

爪の表面が黒褐色だと、悪性の腫瘍の可能性があるかもしれません。
黒褐色が縦線状に入っ束I、メラノーマが疑われます。

爪だけでこれほど色々な体の不具合がわかるそうです。
やはり爪は毎日チェックすることが健康管理につながりそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 爪を見れは健康状態がわかる  |  トップページ  |  次の記事 爪で分かる病気は…2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。