Top >  ネイルについて >  爪のつくりはどうなってるの?

スポンサードリンク

爪のつくりはどうなってるの?

爪の外の部分に出ているところを「爪甲」(そうこう)といって、
皮膚に隠れている部分は「爪根」(そうこん)といいます。
爪というのは、いつも指先に向かって成長し、押し上げられているそうです。
指先の先端部分で、爪甲はその下の部分にあたる爪床とはがれて、
指先から爪として出てきます。
爪根には「爪母」(そうぼ)という部分があって、新しい爪はここで作られます。
(これが一般的に三日月といわれているところ)

爪と接触している部分として爪甲を乗せている皮膚は「爪床」(そうしょう)と呼ばれ、
表皮が無くて、真皮以下の構造は他の皮膚と同じになるそうです。
また、爪甲の両側を囲んでいる指の皮膚は「爪郭」(そうかく)よばれています。
更に、「後爪郭」と言う爪根を覆っている皮膚があり、この部分から僅かに爪甲に
覆うようにある半透明の皮膚角質を「爪上皮」(あまかわ)といいます。
甘皮処理というのは、この部分のお手入れをさします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カラーの変色について  |  トップページ  |  次の記事 カラーは爪にとってストレス?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。