Top >  ネイルについて >  爪のひび割れは…

スポンサードリンク

爪のひび割れは…

かなりがんばって、形も整えて伸ばした爪にひび割れが入るなんて…
こんなことショックですよね…
爪は短いより長めの方が絶対見栄えが違います。
爪が長いと不便なことも多いのですが、ネイルアートがはえるのはやっぱり
長い爪でしょう。

けれど、爪のひび割れはできてしまうとどうにもならないのでしょうか?
実はこれに対しても対処法があるんです。

なぜ爪のひび割れができるかというと、それは爪自体が弱くなっていることが原因である場合があるのです。
爪が弱っているのは生活習慣やストレスが原因の場合もあるので
生活習慣などの見直しもひとつのなのですが、
これはすぐに対応しにくいので、とりあえず爪の応急処置をしましょう。

爪にヒビが入った状態を放置しておくと、どんどんひび割れはすすんでしまいます。
早めにケアしましょう。
ひび割れによく使用される「グルー(接着剤のようなもの)」で
接着しベースコートをぬったあと、ネイルカラー・そしてトップコートをぬります。

これで応急処置ができました。
もっとも、これは応急処置なのでもっと根本的なところからケアをしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ネイルアートの失敗の回避法  |  トップページ  |  次の記事 ネイルコンシェルジュって?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。