Top >  ネイルについて >  爪で分かる病気は…2

スポンサードリンク

爪で分かる病気は…2

爪の表面をみるだけで、大変な病気の発見が可能だとされます。
もちろん大変な病気だけではありません。

爪に症状が出てくるものとして、ダイエットや栄養不足もそうですし、
爪を噛む癖が出るのは、ストレスや精神不安が表れだともいわれます。
他にも爪の水虫や肺気腫・慢性気管支炎・肺ガンなどの重い病気さえも
爪を見ることで発見できる場合も多々あります。

ネイルアートが原因で起こる症状も重い貧血の症状も
爪に現れたりするのです。
爪はおしゃれもできるし病気も発見できる、大切な場所なのです。

爪に気になる症状が出た場合は、あまり考え込まず病院で受診するようにしましょう。

ただし、その日の体調の関係や人それぞれの体質の差などで一時的に症状が
出る場合もあるようですが。
とりあえず、規則正しくストレスをためない生活を送ることを心がけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 爪で分かる病気は…1  |  トップページ  |  次の記事 健康な爪にしたい場合  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。