Top >  ネイルについて >  付け爪の種類

スポンサードリンク

付け爪の種類

付け爪には三つの種類があります。
一つ目はよく聞く「スカルプチュア」と呼ばれるものです。

スカルプチュアは人工爪で、アクリル樹脂を使います。
専用の溶液でアクリル樹脂を溶かし、爪の表面で成型し自然に硬化させるのです。
3Dアートなどをしたい場合には、スカルプチュアが向いています。
アセトンを使って取ります。

二つ目はジェルネイルといわれるもの。
ジェルネイルは、柔らかいジェルを爪の表面で成型して、
UVランプを作って硬化させる。
透明感やツヤを求める方にはお勧めです。取る場合は削ります。

三つ目はリムーバブルジェルというもの。
リムーバブルジェルは、カルジェルやバイオスカルプチュアジェルなどのことを指します。
作り方はジェルネイルと同様ですが、取る時は専用の溶液を使用します。
ジェルネイルよりも柔らかな質感は、爪の長さ作り出すよりは、爪をカバーする使い方がよいかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カルジェルってのよいところ  |  トップページ  |  次の記事 サロンでネイルに挑戦  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。