Top >  ネイルについて >  爪周りが冬になると乾燥する…

スポンサードリンク

爪周りが冬になると乾燥する…

爪のまわりが冬になると乾燥しちゃう…そんな人は多いのではないでしょうか?
爪まわりが乾燥すると、そこだけ目立ってしまってネイルアートを楽しめないですよね。

かんばってケアしても、冬の乾燥というのはなかなか思うようになりません。
爪まわりの乾燥は、二枚爪や弱い爪・薄い爪などトラブルの原因になりがちです。

そして、一番乾燥に気をつけなければならないのは「キューティクル(甘皮)」の部分。
甘皮のは爪が生えてくる部分のため、そこに十分な水分などが蓄えられていない場合、
割れやすくなったり、スジがついたような爪になります。

そこで、キューティクルを乾燥から守るためには「キューティクルオイル」がオススメ。
乾燥が気になる時に、さっとぬれば油分を補ってくれます。

キューティクルオイルの種類も結構豊富だから悩みそうですが、
少しずつ試して、自分にぴったりのキューティクルオイルを見つけてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ネイルのカラーリングは、カラーの塗り方が大切  |  トップページ  |  次の記事 ネイルを乾かす時には…  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。