Top >  ネイルについて >  ネイルアートを長持ちさせる

スポンサードリンク

ネイルアートを長持ちさせる

たとえば…土曜日に気合を入れてネイルアートきれいにしました。
でも、そのアートを1週間もたせるのは結構難しいものです。
うまくいかないと、1週間もしない間にカラーがよれたり爪先がはげたり
ツヤがなくなるなどトラブルが起こります。

けれど、週半ばではぬりなおしている時間があまりないでしょう。
そこで時間をかけずに1週間もたせるアレンジを…

まずは普通にベースコートを塗り、カラーを二度ぬりして
トップコートで数日過ごします。

そろそろ痛んできたな…という頃に、細かいラメ入りのカラーをぬります。
こうするとでツヤも戻りますし、はげた部分も隠せるのでまた数日すごせます。

そして、またまたまずくなってきたな…という頃に、
今度は大きいラメの入ったカラーを、痛みが目立つ先だけにぬります。

これはこれで、またゴージャスに映えると思います
このリペア方法なら1週間ネイルを持たせることが可能になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 パラドゥ フレンチネイルズ  |  トップページ  |  次の記事 フレンチネイルに挑戦  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。