Top >  ネイルについて >  ネイルと爪

スポンサードリンク

ネイルと爪

「爪」というと爪全体を指すのですが、実は爪の呼び方も
いろいろあるのです。
爪本体のことは、ネイルプレート・爪甲といいます。
爪本体(ネイルプレート)の下にあたるピンク色の皮膚組織の部分は
ネイルベッド・爪床といいます。
爪床(ネイルベッド)から先の白い部分はフリーエッジ・爪先ですね。

ネイルグルーブ・爪溝とは、爪本体(ネイルプレート)の両側面の溝のこと。
ネイルウォール・爪廊といわれる部分は、爪溝(ネイルグルーブ)に重なる皮膚の部分。

爪の根元の三日月形をした白い部分は、よく知られているハーフムーン・爪半月。
そして、キューティクルオイルやキューティクルクリーム等
よく聞くキューティクルとは甘皮のことです。
マトリックス・爪母とは、新しい爪を作ってくれる部分です。

爪といっても、これだけ各部分の呼び名があるのです。
これで、ネイルアートの専門誌を読んでも意味が理解できるかも。

スポンサードリンク

 <  前の記事 爪の異常は病気の予兆?  |  トップページ  |  次の記事 ネイルの一番大切なカラーのぬり方  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「カルジェルとネイルケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。